Tadahiro Yonezu

PROFILE

米津真浩(Tadahiro Yonezu)

1986年2月14日生まれ。千葉県千葉市出身のピアニスト。

千葉県立幕張総合高校を経て、東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業。
同大学院を首席で修了。
大学、大学院在学中特待奨学生として在学。
2009年度、同大学ティーチングアシスタント。
大学院修了後、異例の若さで母校である東京音楽大学にて非常勤助手として後進の指導に当たった。

2007年 第76回日本音楽コンクールピアノ部門 第2位入賞。岩谷賞(聴衆賞)を受賞。

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、Gross Vogel Philharmoniker、東京音楽大学ブレイジングオーケストラと共演。

仙台クラシックフェスティバル2011年・2012年出演、成田国際空港ロビーコンサート出演。ソロ、室内楽、アンサンブル等の演奏活動だけにとどまらず、クラシック音楽の普及をモットーに音源や記事の提供、TV出演、ボランティア活動、後進の指導、青少年文化センターアーティストとして小学生から高校生までを対象とした学校公演を行ったりと、アウトリーチ活動にも積極的に力を注ぐ。

これまでに寺田栄子、高梨淳子、村上隆、弘中孝、Leonid Margariusの各氏に師事。
また、M.ラエカッリオ、P.ネルセシアン、S.ドレンスキー、A.サッツ、M.ベロフ、D.ヨッフェ、B.リグット、V.リャードフ、B.ゲツケ、T.ゼリクマン、B.ペトルシャンスキー、P.ドヴァイヨンといった世界的なピアニスト・教授陣の指導を受ける。

大学院修了後、東京音楽大学非常勤助手を勤め、更なる研鑽を積むため、2013年・2014年度ローム・ミュージックファンデーション奨学生としてイタリアの名門イモラ音楽院へ留学。
2015年冬より拠点を日本へ戻し本格的に演奏活動を開始。

フジテレビ『金曜日の聞きたい女たち』、テレビ朝日『芸術ハカセ』等のテレビ番組やラジオといったメディアへの出演も積極的に行う。

Tadahiro Yonezu

twitter

facebook

Email Information

今後開催予定のイベント・コンサート関連情報のメール通知ご希望の方は、下記のフォームにてお申込みをお願いいたします。

お名前(必須):

ご住所(必須):

お電話番号(必須):

メールアドレス(必須):

※こちらのメールアドレスに自動返信させていただくため、充分にご確認をお願いいたします。
※携帯電話会社様のメールアドレスの場合、予め@tadahiro-yonezu.comドメインからのメール受信が可能な設定にするようにお願いいたします。

今後の米津真浩コンサート開催案内メール通知に登録する。(必須):
登録する: 

メッセージ(任意):

画像内の文字を入力してください。(必須):
captcha